「ほっ」と。キャンペーン

かもしか日記



モンブラン、マッターホルン山麓ハイキング

 
昨日イタリア・アルプス山麓ハイキングの旅から帰って来ました。

私自身の旅の記録として、記憶の落ちこぼれないうちに書き残しておくことに
しました。



6/29(月)d0066560_14441352.gif
   


   成田発 12:40 AZ787便(アリタリア航空)
   一週間の旅の始まりは、いつものように緊張感と気持ちの高揚から始まります。
   約13時間の空路は長~く、(ほぼ満席)疲れました。
   機内食時は、赤ワインをいただきリラックス

   ミラノ、マルペンサ空港着 18:10
   13時間のフライトは疲れました。

   空港から車は高速道路を走り(約2時間半)モンブランの麓
   イアタリアきってのアルペンリゾート クールマイユール
   ホテル到着後、遅い夕食
   赤ワインをキープして、フルコースのお食事
   スープといっても、きしめん風スープで、ほぼ主食。
   生ハム、ベーコンなどが、とても美味しい。
   今夜から4泊 H、パヴィヨンで宿泊。

   夜9時といっても、まだ陽がでていて明るくて驚きました。
   室内もとてもきれいで、ベランダ付き。
   目前に迫る山々が美しい。明日からが楽しみ!
   この街は、谷間の整備されたリゾート地。
   
   
d0066560_17194890.jpg



6/30(火)d0066560_1444381.gif
   


   ヨーロッパアルプス最高峰モン・ブラン展望とミアージュ湖へのハイキング
   
   車でゴンドラのあるラ・パルドへ。
   ここからゴンドラを3基乗り継いでエルブロンネ展望台(3462m)へ。
   アルプス最高峰モンブラン、グランド・ジョラスをほんの目前に見上げて感激!
   ヨーロッパアルプスの峰々の大パノラマを堪能。
   
   4人乗りゴンドラに乗って国境を越えてフランス側のエギュ・ドゥ・ミディへ。
   
   このゴンドラは乗車時間40分
   右手にモンブラン、左手にグランド・ジョラスを目前に、ゴンドラの下は大氷河と
   雪の世界で、ビューポイントで何とゴンドラを止めて、しばし大パノラマを
   鑑賞させてくれるという大サービス!
   
   ゴンドラ下の雪原では、いくつものパーティーが岩をよじ登ったりしています。

   日本の観光地にこんなところないですねえ~
   しかも3500mの高地で。

   ラ・パルドへ下山して
   ヴェニの谷にあるラヴィサーユ村(1656m)へ。
   ミアージュ湖までハイキング。

   道の両側に咲く色とりどりの花たち、花の多さに感激しながら
   緩い坂道を上り、ミアージュ湖まで。

   この日は、昨日の長い飛行時間の後だったので、3時間半ほどのハイキング
   は、疲れが残りました。
   

d0066560_1593660.jpg



d0066560_1510487.jpg



d0066560_15132497.jpg

                モンブラン

 

d0066560_173345.jpg
 
 

d0066560_17344267.jpg

         ヴェニの谷 氷河湖


7/1d0066560_15155027.gif 



  
   モンブランの裾野に広がるフェレの谷へのハイキング
   フェレの谷アルヌーバ(1795m)~エレナ小屋(2061m)までハイキング
   
   このコースもお花がいっぱいで、楽しいハイキングでした。
   目前に3大氷河の一つプレ・ド・ヴァール氷河が迫っています。
   
   エレナ小屋も雪解けを待って最近オープンしたばかりの様子で
   レストランのピクニックランチはメニューは少なかったようです。

   突然に数少ない日本人が訪れたので、あわてふためいてなかなか計算ができません。
   硬いパンでしたが、花たちの美しさに、圧倒されてかすんでしまいました。
   

   感激し、感心し、驚くのは、どのハイキングコースでも歩く道にロープが無いこと
   お花の中に入って行っても好いことでした。
   それでも、おそるおそる花たちの中に入って写真を撮ることが出来ました。
   
   山一つ超えればスイスというコースを何人か、歩いていました。

d0066560_19582988.jpg

           フェレの谷



d0066560_2002787.jpg

               プレ・ド・ヴァール氷河


d0066560_2005255.jpg

                スイス国境、山越えすればスイス


d0066560_202917.jpg

          あこがれていた花アルペンブルー(日本名)


7/2(木)d0066560_20403269.gif



   グランサン・ベルナール峠とアグリツーリズモでの昼食。
   
   バスでスイスとの国境、グランサンベルナール峠へ。
   この峠には、国境警備隊が常駐していて、建物も撮影禁止。
   ちょっと緊張。
   セントバ-ナード犬の訓練施設もあった場所。
   現在は、修道所、宿泊施設になっているといいます。(スイス側)

   
d0066560_20484240.jpg

               イタリア警備隊建物
   

   
d0066560_20504777.jpg

               スイス警備隊建物
   

   
d0066560_20513448.jpg

   

               セントバーナード犬
   
d0066560_2052425.jpg

               チーズ工場
   

    
d0066560_20531755.jpg

               製造に厳しいチーズ(日本にはほんのわずかしか輸出されていない)
   

   
d0066560_20552522.jpg

               ワイン工場
   

   
d0066560_20555927.jpg

               民家での昼食

7/3(金)d0066560_20583574.gif
   


   毎日見続けたモンブランと、グランドジョラスの峰々とも別れ
   クールマイユールを去る日。
   相変わらず、お天気は上々。
   
   イアリア最高峰グラン・パラディン国立公園にあるコーニュを訪れ
   公園内をハイキング。
   素晴らしい景色。

   州都アオスタへ下り、中世の間も要衡として栄えたアオスタの歴史の街を
   歩いて散策。凱旋門からサントルソ教会、古代ローマ劇場、アオスタ大聖堂などを見てあるく。

   パルトゥルナンシュの谷に入り、名峰マッターホルンの麓の街ブレイユ・チェルビニア  へ。
   チェルビニアで2泊、ここも素晴らしい街。ホテル シャレーパルドデン
   ホテルの前がブルー湖。明日の朝が楽しみ。
    
   マッターホルンが湖面に映し出される姿をみたい。

   
d0066560_21305753.jpg

             アオスタの街並み
   

   
d0066560_21314484.jpg

            イタリア最高峰グラン・パラディン
   

   
d0066560_2133882.jpg

           2000年の歴史 アオスタの凱旋門
   


  7/4(日)d0066560_21354135.gif
   


   早起きしてブルー湖へ
   静かな湖面に名峰マッターホルンが映し出された。
   この旅の山場ともいえる、この景観!いつまでも眺めていてもあきない。
   何と素晴らしいのでしょう。
   今日は、麓からロープウエイをのりついでプラトローザ(3500m)まで

   ここは、スイスとの国境線に当たり、反対側はツェルマットの谷が広がり、
   眼前に、マッターホルンが迫ってきます。
   
   一面雪の世界で、広いスキーエリアでは、大勢のスキーヤー、ボーダー達が
   スイスからイタリアの国境線をまたいで、ゲレンデスキーを楽しんでいました。
   
   その広大さ、スケールの大きさ、自然の偉大さに、圧倒されました。
   私の住む、白馬八方尾根を思い出し、大きなため息がでました。

   下りは中間駅のプランメゾンから、街まで高山植物のお花をみながら
   ハイキング。
   どこへ行っても、どこを歩いても、お花は今が真っ盛りで、私の心は充分満たされました。

   何と言っても私の大好きな、小さな花たちが、魅力的でした。
   アルペンブルーの群落、アネモネの郡落、山全体がお花畑
   
   驚くことばかりでした。
   花たちの画像は、花日記に載せたいと思います。是非見てください。

   昼食は、イタリアのピザ。美味しかった
   
   最終日の今日、
   イタリアは素晴らしい国だったと思います。
   朝の張り詰めた冷たい空気。でも日中はカラリとして乾燥した暑さ
   そのため、汗もあまりでないで、快適そのものでした。
   
d0066560_10485475.jpg

マッターホルン(4478m)


d0066560_10562810.jpg

              国境


d0066560_11145636.jpg

国境を越えてのスキーエリア
              大勢の人がサマースキーを楽しんでいました
d0066560_11164934.jpg


                

★8日間のイタリアアルプスの優雅な旅は終わりました。
  いいお仲間に恵まれ、毎日素晴らしいお天気に恵まれ、アルプスの様々なお花たちに恵まれ
  充分満足感を味わった旅でした。
★ご一緒していただきました皆様、有り難うございました。

 
             
   


   
     
   
   
   

 
[PR]
by hakubakamoshika | 2009-07-07 13:18
<< 新しいブログへの移動 いよいよ雨のにおいが・・・・ >>


白馬の四季,折々の様子
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28